企業の風土に合った教育方法と、現代特有の教育方法

社員教育の概要と目的

企業を取り巻く環境というのは、日々目まぐるしく変化しています。それに伴い、現在では様々な企業の業種や分野において、多くの企業間で激しく競合しています。そのような中で、新しく採用する戦力や現存の従業員における教育というとは、環境の目まぐるしい変化や企業間での激しい競争を生き抜くために、非常に重要なことです。従業員を教育するための制度として、社員研修制度が有効です。研修というと新人の教育というイメージがありますが、今では事情が変わり、現存の従業員やベテランの従業員まで幅広く行われるようになってきました。社員研修の目的としては、新人の従業員に対しては早期に実務を覚えてもらい、それ以外の従業員に対しては技術の向上や維持などが挙げられます。

どのような方法が用いられるか

ただ闇雲に社員研修を行えば良いというわけではありません。従業員を育てるにも、かなりの費用がかかるからです。では、どのような点を重視すれば、より良い社員研修を行うことができるのでしょうか。基本的には各企業の風土や方針に合った研修を行います。たとえば厳しく誠実な風土や教育方針を取る所もあれば、比較的ゆとりを持った自由な風土や教育方針を取る所もあり、それぞれに合った教育により、早期に企業に馴染ませることが可能となります。しかし現代では、従業員の個性が重視されやすい時代となり、必ずしも従業員全員が風土や方針に合うとは限りません。出来るだけ長期に渡って雇用し続けることが望ましいので、企業の風土や教育方針を取りつつも、従業員の個性を尊重することも大切です。最近では企業の不祥事が続いているため、社員研修の中にガバナンスやコンプライアンスを導入する企業が増えています。この傾向は今後も増えていくでしょう。